narcia

nekoya2010.exblog.jp ブログトップ

<   2013年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

クイナ走る

かの邪智暴虐の王‥‥とまでは言いませんが、
恐ろしいまでの頭上からの攻撃力を持つ太陽が沈むと、
民はほっとしたようにぱらぱらと戸外に姿を現します。

夕暮れの川沿いを行くと、
ハゴロモジャスミンに似た甘い香りがします。
濃い緑の大きな葉の樹の上に盛り上げるように
赤と白の花が咲いています。

赤く長いがくの先のぽつりと白い球が、
開くと五弁の白い花になって、
姿もハゴロモジャスミンに似ています。

クサギです。
花はこんなに甘い香りなのに、「臭木」という名はあんまりでは。
種が散って、堤防のそのあたりは丈の低いクサギが何本も満開です。


犬の散歩やウォーキングの人の少ない細い方の堤防を行くと、
小さなシルエットが行く手を走って横切りました。
ころんとした前傾姿勢に、太い脚と特徴的な長い足趾、

クイナです。
脚が真っ赤に見えたから、バンの類ではなく緋水鶏でしょうか。
ヤンバルクイナを思い浮かべてもらうと分りやすいと思いますが、
鳥というより直立二足歩行動物のような走りです。
獣脚類ぽいというか。
やっぱり恐竜は鳥になったんだな。

駆け寄ると川縁の草むらががさがさ鳴って、
そこを走ってるのはわかるのに、
もう姿は生い茂る緑に隠れて見えません。
by otenki-nekoya | 2013-07-24 21:56 | 散歩

天璋院さまのナチュラル雑貨

こんな七月の白い強靭な日射しに太刀打ちするには
我が愛用の日傘はどれも華奢で、か弱く心細く思えます。

最近さしている人の多い、
真っ黒で大きくて生地のしっかりした
男持ちの雨傘のような日傘がいいな。

‥‥それはコウモリ傘ではありませんか。
天璋院様か。

 天璋院のお伴で、所々へ行ったよ。
 八百善にも二三度。向島の柳屋へも二度かネ。
 吉原にも、芸者屋にも行って、みンな下情を見せたよ。
 (略)ワシの家にも二三度来られたが、
 蝙蝠傘を杖にして来てネ、
 「どうも、日傘よりも好い」と言った。
                    『海舟語録』

万事規則と格式にがんじがらめだった江戸城大奥を出た篤姫は、
下々の用いる道具でも、気に入ったものはすぐに取り入れます。
船宿のお茶がおいしかったので、
銀瓶をやめて「鉄瓶」を火鉢にかけたり、
お風呂の後出された「浴衣」を愛用するようになったり。
元将軍家御台所はハンドメイドもお好きだったようです。

 後には、自分で縫物もされるしネ、
 「大分上手になったから、縫って上げた」などと言って、
 私にも羽織を一枚下すったのを持ってるよ。

                    『海舟語録』


日本で最初に「ミシン」を献上されたのは篤姫でしたね。
まさか勝先生の羽織はミシンで‥‥。
by otenki-nekoya | 2013-07-14 18:43 |

幼い猛禽

天から地の間を遮るものが
ついに何一つなくなりました。

このひとつきあまり曇天の下で
電線に止まって親を待っていた子ツバメ達とか
橋の上でいつもおいかけっこをしていた
黒い羽ぼさぼさの子カラスの兄弟とか
うちのベランダの植木に飛び込んで
ちゅんちゅんぴょんぴょん賑やかな子スズメ達とか

こんな直射日光は、生まれてはじめてでしょう。
みんなちゃんと日陰に移動したでしょうか。


真上から射す強い日射しが地面を熱し
上昇気流がおきています。

その気流にかろうじて乗る
若過ぎてトビだかなんだか判らない
猛禽の子がふらふらと舞い上がっています。

水平にぴんと張るべき翼はぷるぷる震え
薄茶色の柔らかい羽毛が毛羽立って

階段の上の、同じ高さに居た私と空中で目が合います。

人間なんか見て動揺するな。
君はこの空のずっと高いところまで支配する
王者の鳥になるのでしょう。

仕方がないですよね。
本当はせめてあと十日。
蒼天を切り裂く鋼のような
翼を手に入れるのはまだ少し先。

幕が開くのが早過ぎて、
私達人間も含めて生き物達は
成長も準備も全く間に合っていません。

ひろひろしながらでも、乗り切れ、みんな。
by otenki-nekoya | 2013-07-09 22:17 | 散歩
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite