人気ブログランキング |

narcia

nekoya2010.exblog.jp ブログトップ

帰ってきたみほとけ

帰ってきた連れが
「えっ、こんなことがあったの?」と
ドアの取っ手を握ったまま九時のニュースを見ています。
今日は事件がいろいろあったのです。

九時半を過ぎてふと思い出し、
某公共放送のニュース番組から
旧教育放送に切り替えます。

画面いっぱいに現れる二十体を越す絢爛たる仏像。
「うわあ、すごい!如来と、菩薩と、えーと、明王がいっぱいいる」
密教系はやっぱり豪華ですね。

一番外側は「天部」と解説の先生が言います。
「天!仏の守護!格好良い!」
連れがうなります。
番組アシスタントのしのらーは、帝釈天を見て叫びます。
「せ、センセー!‥‥イケメン!」
‥‥連れと、しのらーのテンションが一緒。

「え?これ東寺?京都の?」
今まで、塔と塀しか見た事なかったですね。
「真言宗だったのか‥‥」

「天台宗のほうは」
あ、出ました比叡山。去年の大河ドラマを思い出します。
「でも焼いたのは信長だ。とんでもない事をするなあ」
神も仏も信じていないのは同じくせに、
美しいものが大好きな連れが天下人のテロルを非難します。

やはり好評だったのでしょう。

全く関心のなかった連れがいきなり仏像に開眼した
このうえなく有り難いTV番組『仏像拝観手引』、
この四月からセカンド・シーズンがはじまっていました。
(Eテレ 毎週火曜 午後9:30ー9:55放映)

次回はこのあたりでも馴染み深い「阿弥陀さま」だそうです。
by otenki-nekoya | 2013-04-16 22:27 | TV