narcia

nekoya2010.exblog.jp ブログトップ

五月雨の降り残してや

台風は遠く去ったようですが、
海岸がすぐそこにあるように
波音がここまで届きます。

 三代の栄燿一睡の中にして、大門の跡は一里こなたにあり。
 秀衡が跡は田野になりて、金鶏山のみ形を残す。
 (平泉)『奥の細道』

「平泉」世界遺産登録、おめでとうございます。
昔、私が訪れた頃、復元中の毛越寺はまだ庭園の池と石組みばかりでした。
緑に覆われた今の様子を見ると、なるほど浄土の庭が甦っています。
金堂を護って来た覆堂はもとより、守り手なくしては遺らぬ人類の宝の
お世話を末代までどうかよろしく。
[PR]
by otenki-nekoya | 2011-06-26 17:30 | 美術