narcia

nekoya2010.exblog.jp ブログトップ

隣の砂漠

朦朧としている。

澄んだ空の下に濃淡をつけてくっきりと見えるはずの山々が
茫漠と霞んだ波となって春の夕暮れのように、
いくら小春日和とはいえ。

霧の白さとはまた異なる、
なにより乾燥しているのだから霧がかかるはずはない、
この太陽も鈍らせるうっそりとした黄色い靄は、

黄砂‥‥?
まさかと思ったものの、ニュースで確認して驚きました。
隣国はやはりすぐ隣にあるものなのです。
[PR]
by otenki-nekoya | 2010-11-12 20:00 |