narcia

nekoya2010.exblog.jp ブログトップ

<   2013年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

りゅうぜんこう

三方を山に囲まれて、花粉の雨が降るようです。
この時期、外に出るには海辺を通るしかありません。

白く日に晒された白木の扉を閉ざし
周囲に溶け込んだ小さな祠を眺めていると、連れが言います。
「海沿いに自転車で走っていると、ぽん、ぽん、と、
どこまでいってもおんなじようなのがあるよ」
小さな鳥居と小さな祠。鳥居に掲げられた額。
「ぜんぶ、えびす神社って書いてある」

海の恵、海からの漂流物はことごとく『えびす』と呼ばれるのです。

潮が満ちているので、大きな丸石をごろごろと踏みながら
流木以外の漂流物はほとんどない波打ち際を歩きます。

「このまえ、イギリスの海岸で犬の散歩中に
なんか珍しい香料を拾った人がいたでしょ」
ああ、アンバーグリス、龍涎香。
「香水とかに使ってた、ものすごく高いものだってね。
いっせんまん?」
そんなにはしません。

数年前、土俗的な恐怖を感じさせる作風の女性作家の短編で、
やはり海岸で龍涎香を拾ったけれど
高価なものを手に入れたというので人間関係は不和になり、
あげく流通ルートを外れているので買い取り手はない、
という忌々しい話を読んだ事がありますが。
今ならネットで話題になれば高く買ってもらえるのかもしれません。

このへんにも落ちてないかなあ、などと
足下を探すような面倒な事ははなから考えず、
青い穏やかな海を眺めながら歩きます。

「その香料、クジラがつくるって本当?」
抹香のような良い匂いの香を持つ鯨だから抹香鯨、と言うのです。
マッコウクジラがダイオウイカを食べると
嘴のところが消化できないから、分泌物で固めて
「ダイオウイカ?えっ、でもダイオウイカは千メートルの深海にいるでしょ」
そうです。
「マッコウクジラって20メートルもないよね」
18メートルくらいですか。
「そんなに潜れるの?」
潜れますよ。
「息できないよ」
止めます。
「千メートル往復を?」
一時間止めます。
「すごいなあ」

初めて龍涎香やダイオウイカの事を知ったのは
子供の頃に読んだ父の蔵書の澁澤作品あたりでしょうか。
こんな知識を現実の世界に持ち出す事は
生涯あるまいと長い間思っていたのに。

TVの画面にその姿が映し出されて
「りゅうぜんこう」「だいおういか」
こうやって現実に口に出せる日がこようとは!

穏やかな海面からはその下の宝を窺う事はできません。
あのずっと先の、と連れは水平線を示します。
「海底にはレアアースもいっぱいあるんでしょ」

それは五千メートルの深さです。
[PR]
by otenki-nekoya | 2013-02-24 22:40 | 散歩

さといもソースグラタン

このあたりの旧い農家は床下に
土を四角く掘抜いた昏い穴を隠していて

その名は「いもつぼ」。
いわば大きい床下収納なのですが、
秋に収穫した芋を保存しておくと
凍みず温もらず良い具合で、
特にサツマイモは数ヶ月かけ水分が抜けて
味が凝縮されてより美味しくなるそうです。

そんな収蔵設備はないけれど。

寒い部屋の籠の隅にいくつか残っていた里芋を、
ポタージュにしようとしなびた部分を削り、
白いきれいなところを電子レンジで加熱し、
少しの牛乳を混ぜてミキサーにかけると

あれ?いつもの灰色で里芋の香りのするポタージュではなく
真っ白でにおいのないもったりしたペーストができました。
スプーンですくって食べてみると

これ、まるっきりホワイトソースじゃないですか!

予定変更。
出初めの新タマネギと海老を電子レンジで加熱、
茹でたマカロ二と里芋のソースであえて
粉チーズ、パン粉、パセリを散らして
オーブントースターで焦げ目をつけたら

バターで作ったペシャメルソースに遜色ない
堂々たる海老マカロニグラタンができました。
[PR]
by otenki-nekoya | 2013-02-23 22:29 |

真剣勝負

一月のセンター試験直後の受験生達の叫びが
「『現代文』が、まるで意味わからん!」

古文・漢文じゃなくて現代文が?
どんな問題だったのだ、と翌日の新聞を見ると
おお、小林秀雄ではありませんか。
日本刀の「鐔」の魅力を語った随筆です。
うわあ、やっぱり渋くて佳いなあ。

刀の「鐔」が(注)の欄に親切に図で説明されています。
「鐔」が判らない人が‥‥そうか、いるかもしれないのか。
現実に古びた鉄の骨董品を「どうだ、いいだろう」と
いきなり見せられても普通の高校生なら困惑しますよね。
ただでさえ曖昧と言われる文体のうえに、
テーマが馴染みの薄い古美術では、難儀した人も多かったことでしょう。

 問3 「どうも知識の遊戯に過ぎまいという不安を覚える」とあるが、
     そこには筆者のどのような考えがあるか。

そのような質問に答える事こそ、
知識の遊戯に過ぎないのではないか。
ただ、マークシートの選択問題は、
本来の著者の思惑とは関係なく、
出題者が望む答えを選り分ければ良いので、
本文が理解できなくても動転する程の難度ではありません。

その後、国語の平均点が小林秀雄の難解な文章のせいで
十六点も低くなった、と大きな話題になりました。
私達にとって「小林秀雄」、特に『考へるヒント』などは
受験のための必読書だったのですから、
同じようにショックを受けた人は多かったようです。

「どんな問題?」
懐かしい「難解なる名文」について
あちこちで取り上げられているのを読んだ連れが尋ねます。

いやあ、ものすごくかっこいいですよ。
取って置いたセンター試験問題を渡します。

「‥‥これは、体調が良くないと読めないような文章だ」
ああ、なるほど。
いわば真剣勝負ですからね。
殊に、実戦用の刀の鐔が主題だけに、
鋼が斬り結ぶ音が響くようです。
[PR]
by otenki-nekoya | 2013-02-10 21:30 |

無常といふ事?

キーン博士の日本文学史(中公文庫)、
江戸の初期から昭和までが完結した後、時系列的には最初に戻り、
古事記ではじまる古代・中世篇(訳/土屋政雄)の刊行がスタート。
地元の書店さん、また入荷よろしくお願いします。


それはそうと 近代・現代篇九(訳/角地幸男)最終巻は、
明治から昭和の「演劇」と「批評」だったのですが、
この「批評」の「昭和時代」の項目で爆笑しました。

詳しく紹介された批評家はただひとり。
「小林秀雄」にのみ四十六頁を費やし、
「その他の批評家」に六頁足らず。
‥‥。
この極端な括りは、結局小林の影響を受けなかった
批評家はいないから、という理由だそうです。

正直なところ。
評価の的確さだの明快さだのというたぐいの資質より
それが評論であれなんであれ小林の文章そのものが、
文学作品として優れて美しいからなのでしょう。

『小林の批評は(中略)
 そこに取り上げられている書物および人物が
 忘れ去られてしまった今もなお
 変わる事なく読み続けられている』


変わる事なく読み続けられていると思っていました。
今回のセンター試験で、昭和世代が驚く事態が起こるまで。
[PR]
by otenki-nekoya | 2013-02-10 20:42 |

かざはな

うすあおいそらに強い風が吹いて
はなびらよりも小さな白いものが
ときおり風に舞っています。

二月になってからずっと暖かく、
二十度を超えるような日さえあって
植木鉢のあちこちから去年種を落とした
青紫蘇の芽がたくさん出ました。

でもこの暖かさは本当の春ではないのだと
油断するなと自分と小さな緑の芽に言い聞かせていました。


西の方ではうっすらと雪化粧する事もあるそうですが
このあたりではこれだけ冷え込んでも
幾重にも山に護られて雪を見ることはまずありません。

雪と呼ばれるほどでもない、
地に落ちる前に消え
何かに触れても消え
ただ風に舞い虚空にあるときだけ
白く在る風花。
[PR]
by otenki-nekoya | 2013-02-08 20:40 |
line

日記


by otenki-nekoya
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite