narcia

nekoya2010.exblog.jp ブログトップ

<   2012年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

キャロットサラダ

ひょろ長くて土に馴染んだ朱色で、
ずーんと味の濃い真冬の根菜
金時人参をみかけなくなりました。

かわってむくむく丸みを帯び、
光にかざすと芯まで透ける
紅水晶のような洋人参が出始めました。

なんだか頼りないなあ。
これだけ太くてもほとんど水分だから、
スライサーで太めの千切りにしても、
あっというまにオレンジシャーベットのような
こんもりと丸い山ができます。

アーモンドオイルと地元レモンと
マスタードシードと塩であえて。

しゅわしゅわしゅわしゅわ、と
丸一本分ぺろっと入ってしまいます。
手応えがなくたよりない、ということは
かろやかでみずみずしい、ということでした。

目には見えずとも。
土の中も
冬がおわって
春になっています。
[PR]
by otenki-nekoya | 2012-02-28 21:30 |

うたは思えど

自転車で山を走って来た連れが言います。
「うぐいすが鳴いていたよ」
初音ですね。
「へただった」

例年なら三月を待たずとりどりの花が咲くこのあたりでも
今年はまだあまり色彩のひろがりはありません。

ランチは菜の花のパスタ。
花の開いていないつぼみばかりを選んだので、
言われなければあの黄色の
「なのはな」だとはわかりません。
[PR]
by otenki-nekoya | 2012-02-26 21:28 |

ふきのとう

玄関ドアをあけると抜けるような青空に、
真っ白い雪山がくっきりと見えます。

ついにあそこまで雪は届きました。
うららかな陽のあたる里を囲む里山を
さらに幾層かで囲む杉山のそのむこうに
いつもは群青色の稜線が、白く輝いています。

ついにここまで雪は届きませんでした。
日射しの中ぽこぽこ顔を出したフキノトウが
大小ぽんぽんビニール袋に無造作にほうり込まれて
産直市で80円で売られています。

スーパーのトレイにきちんと並べられた
フキノトウ300円の五倍以上は入っています。
こんなにどうしようかなあ、と思いつつ、
オリーブ油を熱したフライパンに
葉ごとざくざく刻んだフキノトウを落とし込みます。
切るそばから炒めると、えぐみがでません。

このあたりでは馴染みの冬野菜のニンニクの葉も
刻んで一緒に炒めます。
少し幅広のネギのようだったニンニクの茎の根元は
そろそろニンニク玉になりたがっています。

あれだけあったフキノトウは炒めているうちにすっかり嵩が減り、
色鮮やかとはいえませんが、黄緑色のペースト状になりました。
ゆでたパスタにからめてパルメザンチーズをざっとふります。

陽のさす窓際にテーブルを寄せます。
ほんのりほろ苦みもあり、
胸の底がすっとするように清々しい、
奥行きのある味のパスタソースになりました。
[PR]
by otenki-nekoya | 2012-02-19 20:53 |

猫解禁日

東風が吹いています。

東風吹かばにほひおこせよ梅の花

朝が氷点下だろうが日陰は凍りつこうが、
日射しはのびやかになってきています。

ゆったりきらきら光る青い海を前にして、
砂浜の枯れ薮をぎごちなくくぐりながら
ほっそりした青灰色の猫がしのびあしで進んでいます。
とおっ!

ひょいと脇の小枝によけた小鳥は
何事もなかったように未熟者を見ています。

寒風に吊るされていた銀の鰯も今日はありません。
干場は魚の開きや鉄火干しが陽にあたっています。
人が立ち働いているので、
トビ除けのネットもかけられていません。
広げられた白いちりめんじゃこの列からは
チリメンモンスターとしては育ち過ぎた
三センチくらいのタコや怪魚がつまみ上げられていきます。

三毛猫が立ち上がってバケツの水を飲んでいます。

道の正面からはやけに幅の有る猫が
のっしのっしとこちらに向かってきます。
[PR]
by otenki-nekoya | 2012-02-12 18:37 | 散歩

はるが立ったので

このあいだまで透き通った湖のように
静かだった海が様相を変えていました。

沖合から蛇行する紫色の潮の帯、
押し寄せる濁った緑色のうねり、
岩に当たり砕け散る真っ白な波、

これはもう冬の海ではありません。
強い南風が吹いているのです。

先週末、普段店頭にないような豪華な巻き寿司を買い、
そのままかじる習慣はないので普通に切り分けて食べた、
あの日に冬は終わりました。

致し方なし。
これからも気温が低かろうが雪が降ろうが、
先に進むしかありません。
[PR]
by otenki-nekoya | 2012-02-07 19:44 | 散歩

雲南

外資系メーカーさんに貰ったカレンダーは、
横長できれいに破り取るのが難しい。
一月の写真はなかなか気に入っていたのですが。

一月は画面一杯を覆う灰色の瓦屋根でした。
この里の銀鼠色の瓦の町並みにも似ています。
画面左上の通りの、夕闇の中に紅い灯を点した
二階建ての建物の列と丸い提灯が
アニメ映画『千と千尋の神隠し』の序盤の
夕暮れの訪れとともに妖しいものどもで賑わう町を思わせます。

外資のカレンダーなので、地名も日本語ではありません。
“Lijiang,Yunnan”
リージャン
‥‥世界文化遺産、麗江。


某公共放送の番組予告で、
何万本もの細くうねる畝が水をたたえた
田に覆われた山の斜面の映像が映りました。

このあたりでも平地は少なく降水量は多いので
山間部で棚田を見かける事は珍しくはないのですが、
これはまた、圧倒されるスケールです。
「これは‥‥あー、きれいな景色だ、って
軽々しく言っちゃいけないね」
ひどく感銘を受けた様子で、連れがいいます。

「山とか海とか、自然が造った景色なら
ただ、きれー、って見ていればいいんだろうけど」
まさに、これは人の手が造り、
それも生きるために造ったもの。
「どこ?」
これも雲南省、ハニ族という少数民族の田だそうです。

「とりあえず‥‥おそれいりました」
讃える表現がみつからなかった連れは、
敬意をこめて天空の田の映像に頭を下げています。
[PR]
by otenki-nekoya | 2012-02-06 22:37 | TV

まふゆの底の砂糖菓子

全身全霊を込めてこいでも
真っ正面から吹き付ける北風に
自転車がまったく進みません。

山の向こうから吹く乾いた強い風は
山の向こうに重たく湿った雪を落としてきたのです。

朝、ゆうべ煮詰めてレモン色に透き通った
文旦の皮を金網の上に並べてベランダに干しておきました。

山を越えてからからに乾き切った風を利用するのは
山向こうで湿った重い雪と苦闘している皆さんに
申し訳ないような気もします。

重荷を下ろした北風が真っ青な空で一日唸り、
風に乾いた文旦ピールは夕方には
レモン色の曇り硝子のようになっていました。

これほど美しい菓子になるとは。
もっときれいに切り揃えておけばよかった。

檸檬色の曇り硝子のような文旦ピールに
グラニュー糖をまぶしてかじります。

湿った上白糖のような粘りのある重い雪が
あらゆるものを覆ってしまう町を思います。
[PR]
by otenki-nekoya | 2012-02-02 21:12 |

皮だけマーマレード

御贈答用高級果実として
箱詰めにされ麗々しく贈られる文旦も、
柑橘の里では規格外品をごろごろ貰います。

巨大な実を剥いてさくさくした果実を食べると、
大量の白いワタのついた分厚い皮が残ります。
このぶあつく苦い皮を、四回ぐらい
熱湯でゆでこぼして水にさらします。
皮をゆでたお湯を使うと柑橘オイルの力で
タイルやフローリングもぴかぴかに
‥‥それはさておき。

下ゆでをして砂糖に漬けておき、
水分が出て来たところを煮れば
果汁なしでも白いワタがとろとろになり
ほろ苦くて酸味があって
香り高いマーマレードのできあがり。
皮だけなのにびっくりするほど美味です。

毎度の事ながらこれは、はまります。
瓶詰めとは別にいつでもつまめるように、
文旦ピールも作っておきましょう。
一度ゆでた皮をスティック状に切り、
好みの苦さになるまでゆでこぼし、
砂糖をからめてしばらく置き、
水分がなくなるまで煮詰めます。


冬の前に窓に板をはめて閉ざし、
冬中地下室のようになる一階と、
白い壁の中の細い通路をたどる迷路の町。
小さい頃の暮らしを思い出させる
豪雪のニュースを見ます。

仕上げは明日。
[PR]
by otenki-nekoya | 2012-02-01 22:08 |
line

日記


by otenki-nekoya
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite