narcia

nekoya2010.exblog.jp ブログトップ

<   2011年 07月 ( 26 )   > この月の画像一覧

流れの果

中学に入って、同級生が文庫本を貸してくれました。
親の本棚からこっそり持ち出したものだと思われます。
なぜなら、ハードカバー本の時は気付かれやすいので、
その日のうちに読んで返さねばならなかったからです。

内容はほとんど覚えていませんが、最後の部分は
学校帰りのバスの最後列の左側の席で読みました。
最後列のまん中に座ると、急停車したとき
通路に転がり落ちるからです。
夕方のバスの乗客は停車するたびにどんどんと降りて行きます。

窓の外は真っ暗になりました。
がらんとしたバスの室内灯の光で文字を追ううちに、
クライマックスでめくるめく時空の果てに吸い上げられ、
我に返って今自分がどこに居るのかまわりを見回しても、
自分の乗るバスが、ぽつん、と宇宙の中に放り出されたような、
かつてない壮大な身体感覚だけは今でも忘れられません。

長い間、タイトルを『果しなき時の流れの果に』だと思い込んでいたのですが、
どうも同時期に読んだ松本漫画によく出て来るフレーズが混じってしまったようで、
正しくは『果しなき流れの果に』(著/小松左京)でした。
今にして思えば、うちにこの作品の単行本がなかったのは、
うちの親はSFマガジンの連載で読んでいたからなのでは。
ちなみに友人がその日のうちに持って帰ったハードカバー本は、ツツイ作品でした。


二月末、某公共放送の土曜ドラマ『TAROの塔』(全四回)で、
お馴染みの黒縁眼鏡姿(キャスト:カンニング竹山さん)で登場したので、
おお、小松センセイは万博仕掛人の一人だったのか!と、見ているうちに、
三月の震災が起きました。
絶対あるはずの、小松センセイへのインタビューがない。
お加減が悪いのでしょうか、と思っていたところへの訃報でした。

今回に限らず、長年、週刊誌の見出しに事あるごとに踊る
見慣れた『日本沈没』『復活の日』のタイトルの元ネタが、
日本SF文学界の巨人の作品だと初めて知った方も多いかもしれません。

ニュース映像で在りし日のお姿を見た連れが驚いていました。
「煙草。タバコ凄いね!」
ああ。昭和は遠く。
[PR]
by otenki-nekoya | 2011-07-29 17:18 |

打ち水

このあたりは山や海や田畑が多いので
都市部よりははるかに過ごしやすいのですが、
今日は風がなく、夜になっても蒸し暑い。

夜も九時を過ぎる頃、遠くから、さあっと音がします。
来る。
ベランダに出ると、海の方から駆けて来るように音は近づき、
やがて川をはさんだ向かいの街灯の光の中に無数の線が落ち、
そのまま目の前に近づき、屋根の上を叩いて走り、
町全体が雨に包まれます。

町の灯があたって赤く光る一枚の布のような雲が
するすると海から山の方へと流れて行って、
幕を引いたあとには真っ黒い空が現れ、
雨は通り過ぎて行きました。

さあ、大地が冷えた。
垂れ下がっていた山側の窓のカーテンが、
ふっと持ち上がり、
山からどっと風が吹き込みます。
[PR]
by otenki-nekoya | 2011-07-27 17:05 | ベランダ

呼び声

夕闇に翳ったベランダで子雀が親を呼ぶ声が聞こえます。
ずいぶん大きな声だなあ、と暗い部屋を通って近づくと、
思いがけず近く、ベランダに置いた椅子の背にとまっていました。

ああ、君ですか。
日曜の昼、ベランダのテーブルでランチを食べていると
目の前の電線に止まったでしょう。
もう大福のようではなく、ほっそりしたぶん長過ぎてみえる脚を
電線につっぱってバランスをとっているようで、危なっかしかった。
いつも遊んでいる場所に先客がいたので、とまどっているようでした。

すぐ後ろに何か大きな影が近づいている事にも気付かず、
ヂュン、ヂュン、と滲んだような大声で子雀は鳴いています。
近くで見るとやっぱりまだ模様ははっきりしなくてもわもわで、
全身をふるわせて丸くなってるから幼い大福に戻ったみたいです。

もうすぐ本当に暗くなる。
大人‥‥ではない、親雀でも迎えに来るのは難しくなります。
子雀は自分から出て行こうとはせず、
ずっと大声で呼び続けています。
[PR]
by otenki-nekoya | 2011-07-26 16:09 | ベランダ

南瓜・舐瓜・胡瓜

海に向かう細い路地を歩いていると、
ちょうど私の目の前の高さに
真っ黒い首がぶらさがっていました。

こんな昼日中の住宅地に首があるはずがない、
生け垣の外に実ったかぼちゃです。
よくみると、蔓が生け垣を縦横に這い、
太い切り口がいくつも残っています。

採っても採っても実るのでしょう。
それにしても大きさといい形といい高さといい、
まさに人の頭のようでしばらく向き合って眺めます。


海はおおむねいつもの位置におさまって
たぷたぷと波を少したてていました。
時々ベンチに利用している馴染みの丸太が
ずいぶんこちら側に移動しています。
舗装道路から見下ろすと、細い流木や枯葦の描く線が
舗道の壁際へあと少しというところに出来ています。
壁際のハマユウが白い花を咲かせています。

波打ち際に、色とりどりのシャツを着て黒髪を短くした
二十人程の若者が円陣を組んで座っています。
あまりにも円がきれいできっちりと隙間がないので
何かの儀式をしているかのようです。

こんな昼日中の海岸で怪しい儀式をしているわけがない、
海に面した高校の女子軟式野球部のミーティングでしょう。
薄い雲越しの日射しは強く、砂も熱いでしょうに、
少女達は帽子もかぶらず黒い頭をきれいに並べています。

高校の建物沿いに延々と桃色の夾竹桃、
角を曲がるとグラウンドの隅の部室横に
大きなケースに山盛りのプリンスメロン、
と見えたけれどソフトボールの山でした。


今日七月二十四日は河童忌なのだそうです。
「かっぱ?なんでかっぱ?あ、太宰の命日?」
‥‥確かに水に流されていますね。
でも違います、芥川です。
[PR]
by otenki-nekoya | 2011-07-25 16:04 | 散歩

校歌斉唱

延々とスコアボードに0の並んだ延長十一回、
中央局のニュースが五分間入り、
画面が高校野球地方大会に戻ったところでもう勝敗が決していました。
五分の間に走者が出、タイムリーヒットでサヨナラだったようです。
決定的瞬間を逃した地方局のアナウンサーが、
「申し訳ございません」とお詫びをしています。
準決勝進出を決めたチームの校歌が流れます。

あれ?この歌、こんなに優しい感じだったっけ?
もとが男子校だったためか、母校の校歌は文語調で、
力強く雄々しい歌だと思っていました。

音楽教師は年配の男性で、こう指導していました。
「しゃけりな!しゃけったらいきません」
また聞いた事の無い現地語が。
これはネイティブならぬ身でも、シチュエーションから意味が分かります。
この場合、「叫ぶ」というより、のどを引き裂くように
声を張りあげる状態をはるかに上手く表現していると思います。
普通に歌っても、圧倒的に多い男子の声は体育館を揺るがすようでした。

今の少年達はこんなに優しく歌うんだ。
歌詞も旋律も同じなのに、まるで違う校歌のようです。
[PR]
by otenki-nekoya | 2011-07-23 16:46 | 音楽

轟音

今回の台風で降水量の新記録を更新した村の人は
「雨はいつもの事じゃき」と慣れたものです。
降っている間は会話も聞こえないような雨ですが。
台風が去った翌日も、雨はまだ細々と降り続いています。

台風が去った翌日の夜十一時、
消音器を改造した轟音の列がえんえんと
国道を通ってお城下の方へ流れて行きました。
海沿いの道を回って県外から来た集団のようです。
海沿いの道はいろいろ大変な事になっていたので
到着に時間がかかったものと思われますが、
なんで週末でもない今頃。
みんな夏休みなのかな。
[PR]
by otenki-nekoya | 2011-07-21 16:39 | ベランダ

六號

背丈のある鉢は皆ベランダの壁際に寄せておきました。
それでも二つ、倒れています。
今夜はお城下の会合で連れが司会の当番だったのですが、
主催者のほうから、道中が心配なので来ないよう連絡がありました。

夕方からは風も止まり、嵐は過ぎ去ったかのようです。
今回は高波の被害が甚大です、と連れに夕刊の写真を見せると、
「ああっ!」
もろいものでしょう。
「自転車でよく行く道だ!道がなくなっちゃった!」
そっちですか。

海沿いの綺麗なコースだったのに、当分走れない、と
連れはひとしきり嘆いています。
いえ、一帯を護っているのが、
高波で崩れる程度の堤防だという点が問題かと。


ざわめいている。
ベランダから暗い外を見下ろします。
さっきまで静まりかえっていたのに、急に風が唸りをあげ、
水たまりに映る街灯が流れ、樹々が大揺れに揺れています。
何かが、がたん、ぱん、と当たる音がします。

いわゆる吹き返しの風です。思いがけず強い。
[PR]
by otenki-nekoya | 2011-07-19 21:51 |

海の日

いまや波の音は町の音をかき消さんばかりです。
渦巻く嵐の長く伸ばした腕がかかりはじめ、
いつもとは違い雨雲が東から西へと流れます。

今日は海の日だから海を見ておきましょう。

豪雨をもたらす濃い雨雲の塊の合間を見て外に出ます。
薄い雲からかすかに小雨が落ち、けれど日射しは強いから
雲を透かして水たまりに白い太陽が輝いています。

雨でも晴れでもたいていは湾の中で静かにしている海は、
何段にもなって砂浜に唸りをあげて叩き付けていました。
濁った河の水が流れ込んでいるので、波は緑色ですが
波頭は溶けたコーヒーフロートのようなマーブル模様です。
いまのところ高さ5メートル、といったところでしょうか。

これが明日には海沿いの道に襲いかかる程になる。
[PR]
by otenki-nekoya | 2011-07-19 16:39 | 散歩

熊蝉

朝から雨が降っていますが、鬱蒼と茂った樹々の中の
セミの合唱はそのくらいではやみません。

ベランダの中に、弾丸のように一匹突っ込んで来ました。
今が盛りのクマゼミです。
緑の縁を持つ透明な羽を無言でじたばたさせています。
いかつい胴体をつまんでテーブルの上にのせてみます。
飛び立ったとたん、ベランダの壁に激突して再び落下。
不器用なお嬢さんだなあ。
声はないものの、押さえた指にじっじっ、とセミの筋力が伝わります。

ベランダの手すりの上においてみます。
ここなら落ちても下は横幅の広いセンダンの樹だし、
この高さに来たんです、飛べないわけではないでしょう。
鉢植えの緑が多いので、樹の一部と間違えてこのベランダに
飛び込む慌てものは鳥でも虫でも結構多いのです。

セミは何事もなかったように不意に宙を水平にすべり、
S字を描いて大音量の公園の木々の方へ向かいました。
[PR]
by otenki-nekoya | 2011-07-18 16:32 | ベランダ

水路

部屋にいると自動車の音の奥に
波のとどろきが届きはじめました。
青空のどこにも嵐の予兆はないのですが。

今話題の小水力発電にぴったりと評判の用水路の堰が
部屋の前の川の上流にあるというので行ってみました。
山裾の一つの集落の終わりというか、始まりというか、
村の端に近づくとごうごうと音がします。
幅一間、高さ一間くらいのさして大きくないコンクリートの急斜面ですが、
かなりの勢いで大量の水が叩き付けられるように落ちています。
こういったエネルギーを集落ごとに確保しよう、という訳です。

堰の上流は水をたっぷりたたえた水路になっています。
薄紅の合歓の花、白い涼やかなリョウブの花穂、朱の鬼百合、
木々が暗い陰を落とす水面を眺めていると、
岸沿いに木箱がずらっと並べて沈められた一画がありました。
どの箱にも厳重に南京錠や数字合わせ錠がかかっています。
それほど高価なモノがこの箱の中に。
餌に釣られ、ウナギが入るのですね。
この川の産ではなかったけれど、昨夜の鰻は美味でありました。

傍らを低く流れる河の本流から
水を水路に引く地点まで辿り着きたかったのですが、
水辺がいくら涼やかであろうと、
真上から照らす太陽には太刀打ちできません。
[PR]
by otenki-nekoya | 2011-07-17 17:20 | 散歩
line

日記


by otenki-nekoya
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite