narcia

nekoya2010.exblog.jp ブログトップ

あきのかぜ

ベランダから見下ろすと


センダンの葉が落ちて金色の実がずっしりとみのり

小さな川の水は澄み対岸の駐車場はがらんとして

ぽつんとまっさらな


──お墓が


蒼天から降りて来たように忽然と

秋風にみがかれたようにしらじらと


‥‥会社の駐車場に墓石?



何事かというと。

毎年十一月中旬の週末、お向かいの会社ではフェアを行います。


敷地いっぱいに金属ポールを組んだテント屋根を並べ

さまざまな飲食物や農産物や商品の出店を広げます。

川沿いの駐車場は臨時のフードコートとバンド演奏のステージとなり、

例年ならこのあたりでは一番気候の良い頃で、大勢の人が訪れます。


クレーンを使用するような展示商品は、

会場設営の前に搬入を済ませておかねばなりません。

例えばこんな‥‥墓石。



常になく冷たい秋風に吹かれ

ベランダからぴかぴかの墓石を眺めます。


『奥の細道』に秋風と墓の句がありましたね。

墓ではなく塚でしたっけ。


 塚も動け 我が泣く声は 秋の風

                  芭蕉



翌朝、『ゲラゲ▽ポーの歌』をスピーカーで流しながら

秋風の中向かい岸のフェアは賑やかにはじまりました。



[PR]
by otenki-nekoya | 2014-11-15 16:42 | ベランダ
line

日記


by otenki-nekoya
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite