narcia

nekoya2010.exblog.jp ブログトップ

あらしのなかのアラビアンジャスミン

六月の夜、暗い網戸の向こうから漂うひんやりとした湿気の中に

茉莉花・アラビアンジャスミンが香ります。


八月の夕方、台風の来る直前にベランダの鉢植えを避難させていると

ゆるく支柱にまとわせた枝一面に今にも開きそうな白い蕾が。

一晩で散る茉莉花の小さな白い花が

雨ばかりの八月に再び大量の蕾をつけていたのです。


まるごとが花嫁の純白のブーケのような鉢を

部屋に取り込み、サイドテーブルに載せます。

この異様な気候条件が誘ったのでしょうか。

まさか台風の夜にいっせいに開くなんて。


穏やかならざる夜が更けるにつれ、

ホースで窓を洗うように雨が真横に打ち付け、

波飛沫やら折れた枝やら園芸用ビニールやらが空を舞う。

阿鼻叫喚の中、風圧で揺れる部屋の奥では

時折、茉莉花が深く香りました。



九月の真昼、久しぶりに青空をあおぎます。

日射しは強いけれどさらりと乾いていて、

ペットボトルのさんぴん茶を飲んだ瞬間、

その香りで思い出したのです。

沖縄ではなくて、嵐の夜を思い出すのか。



翌日になると白い花は部屋の中で雪のように残らず落ちて、

黄緑色の丸い葉の何の変哲もない鉢植えになっていました。


[PR]
by otenki-nekoya | 2014-09-14 21:41 |
line

日記


by otenki-nekoya
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite