narcia

nekoya2010.exblog.jp ブログトップ

太陽の射さない八月

八月になってから

夜毎、轟く海鳴をきき

夜毎、唸る南風をきき

夜毎、響く雷鳴をきき

夜毎、叩く雨音をきき


二週間ぶりに日が射しました。

久しぶりに見た日の光は午後まだ早いというのに

傾く陽のオレンジ色になっていました。


切れ目のできた雲間から見上げると、

頭上にあるのはそそり立つ入道雲で


私達はずっとこんな雲の底にいたのか。


つかの間開いた雲の壁は再び塞がり、

日のささない次の一週間が再び各地に雨を落としました。


暑くない。

八月なのに。


以前、南の国の知人が

「六月が一番暑い」と言っていましたが。

六月?八月じゃなくて?

「八月は雨期だから涼しいよ」

へえ。ニホンの雨期は六月で、八月がとにかく暑いですよ。

日が射すから。


日が射さないと本当に八月は暑くないんだ。

八月最初にマーズが予言した通りの

奇妙な夏になってしまいました。

きっと去年、二年分の夏が来たのです。


更に八月最後の週もずっと傘が手放せず、

‥‥と思ったら最後の最後の一日だけ晴れた!


書き留めておきましょう。

呼吸をしていても水の中を漂うようだった、

2014年の八月。


[PR]
by otenki-nekoya | 2014-08-31 21:59 |
line

日記


by otenki-nekoya
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite