narcia

nekoya2010.exblog.jp ブログトップ

白いネズミの夢を見る

「きのう、こわいゆめをみた」
連れが真顔で言います。

連れの夢はとてもシンプルです。
先週の夢はこうでした。
「さむすんと、あっぷると、きんぎょが出て来た」
TVで放映されていた宮崎アニメを見て、
ニュースで判決を聞いて、寝たのです。
そのままです。何の置換にもなっていません。


連れは仕事などが立て込んで来ると、「怖い夢」を見ます。

私が最初に聞いた「怖い夢」はこうでした。
「ゾウに踏まれそうになった!怖かった!」
‥‥それだけ?

次に聞いたのはこうでした。
「廊下にワニがいて、かまれそうになった!」
かまれなかったんですか?
「みんな逃げたけど、□長がかまれた!」
自分は無事かい。

その次。
「ああ怖かった〜、猫におっかけられた」
猫、割と好きでしょ。怖いですか?
「塵捨て場から、死んだ猫が『捨てんといてくれ〜』って走って来た」
‥‥それは怖い。

どうやら「焦り」の気持ちが夢の中で
「動物に襲われる」という形をとるようです。


それで、昨夜は何に襲われたんですか。
「ネズミが足をかじってきた」
‥‥どんどん小さくなりますね。
「サンダルの底が厚いから最初は大丈夫だけど、
振り払ってもまた白いマウスが続きをかじるから」
え?ネズミって、実験用マウスですか?

白ネズミの夢と言えば普通は吉兆と言われます。
私達はサザエさんに悲鳴をあげさせるような
ちょろちょろ屋内を走るネズミの姿を
実際に目にする事はありません。
猫が自慢げに持って来る戦利品も、
走って逃げ去る事はありません。

普通の鼠の姿を見た事がない者の夢に
いわゆるネズミは出てはこれない。
生き生きと動く様を見慣れているのは
ピンクのしっぽに赤い目で純白の体の
アルビノのハツカネズミという事になります。
BL/6を扱う従姉妹の娘は黒いネズミの夢を見るのかも。



でも、夢の白いネズミはネズミの姿をしていても
本当はネズミではなかったのかもしれません。

帰りが遅くなった連れは寝る直前に新聞を読んでいました。
地方紙には絶滅を宣言された昔馴染みの哺乳類を惜しみ、
地元各地で撮られたたくさんの写真が載っていました。

ヌートリアは殖えているというのに。
「あんな大きなネズミ、いやだ」
そんな話も前日にしていました。

かわうそ→ぬーとりあ→ねずみ→まうす

齢経る獺は化けると謂ふ。
昔、川で遊んだ児の夢に、
化けて出でたか、かわうそ。
[PR]
by otenki-nekoya | 2012-08-30 22:39 |
line

日記


by otenki-nekoya
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite